Home » 忘却の口づけ by Lass Small
忘却の口づけ Lass Small

忘却の口づけ

Lass Small

Published 1986
ISBN :
ハーレクイン・テンプテーション(T-27)
187 pages
Enter the sum

 About the Book 

内容(「BOOK」データベースより)離婚と、その後の婚約破棄という二重のショックからやっと立ち直ったリンは、32歳のロマンス作家。ある日、エージェントから共同執筆の話が持ちこまれた。相手は、有望なSF作家で、ケビンという男性だという。彼女は、そういう仕事のやり方は自分に向いていないと、断った。ところが、突然、ケビンがリンの部屋を訪ねて来たのだ。彼と顔を合わせたとたん、リンは仕事の話はともかく、彼に惹かれるものを感じ、ケビンもまた彼女に一目ぼれする。SF小説のテクニックを使って、More内容(「BOOK」データベースより)離婚と、その後の婚約破棄という二重のショックからやっと立ち直ったリンは、32歳のロマンス作家。ある日、エージェントから共同執筆の話が持ちこまれた。相手は、有望なSF作家で、ケビンという男性だという。彼女は、そういう仕事のやり方は自分に向いていないと、断った。ところが、突然、ケビンがリンの部屋を訪ねて来たのだ。彼と顔を合わせたとたん、リンは仕事の話はともかく、彼に惹かれるものを感じ、ケビンもまた彼女に一目ぼれする。SF小説のテクニックを使って、リンを口説こうとするケビンに、リンは“大人の付き合い”なら、と気を許しはじめる…。